普段の暮らしでかかる電気代の節約術を紹介します。

トイレの水を減らす節約術

普段の暮らしでかかる電気代の節約術を紹介します。 毎日のように使うのがトイレになります。利用するときの鉄則としては汚れる前に洗う、流す、掃除をするでしょう。こまめに行えばこびりつく前にきれいにすることができます。一度こびりつくと大変ですから、それぞれの人が利用するたびに意識することでかなり変わると言われています。トイレにおいては最後に水を流します。最初に勢い良く水が流れてきますがそれで大半は流れてしまいます。でもその後もどんどん水が流れていきます。

トイレの仕組みはタンクに水をため、その水を一気に流すことによってきれいにしようとしています。でも実際に必要な水が半分だとします。その場合どうすればいいのでしょうか。簡単にできる節約術としてはタンクに一定の操作をします。本来水が入る部分にものを入れてしまうのです。ペットボトルに水を入れたものを沈めるようにします。水はその分も含めていっぱいの状態までたまりますが、流れるときはペットボトル分は流れません。

予算が許すのであれば最新式のトイレを利用する方法もあります。水が少なくてもきれいになる工夫がされています。水流などが工夫されているので掃除の手間も少なくなります。むやみに水を流さないようにする方法もあります。
Copyright (C)2017普段の暮らしでかかる電気代の節約術を紹介します。.All rights reserved.