普段の暮らしでかかる電気代の節約術を紹介します。

麺類を茹でるときの節約術

普段の暮らしでかかる電気代の節約術を紹介します。 麺類にはいくつかの種類があります。日本のものであればうどんやそば、そうめんなどがあります。うどんと一口に言ってもこしのあるものからもちもちしたものまで様々です。中華料理に使うことが多い中華麺、パスタ料理に使うものなどもあります。うどんや日本そば、中華麺などは生麺を使うことが多いですが、パスタに関しては乾燥したものを使うことが多いです。乾いた状態のものをお湯などに入れて茹でることによって食べられるようにします。

麺類を茹でるときにはそれなりのお湯を使って、一定時間加熱をします。その途中で水を入れたり塩を入れたりして味の調節をすることがあります。でも単に茹でるだけであればいくつかの節約術を使うことができます。まずは電子レンジを使う方法です。耐熱容器に水を入れ、その中に乾麺などを入れます。そして所定時間加熱します。そうすると短時間で茹で上げることができます。水に染み込ませる時間などによってより時間は短くなります。

全く電気を使わない方法もあります。魔法瓶に乾麺を入れその中に熱湯を注いで蓋を閉めます。そして10分ぐらい待つと麺が茹で上がります。すでにお湯があるならガスも使う必要がありません。好みの固さになる時間を予め知っておくといいでしょう。
Copyright (C)2017普段の暮らしでかかる電気代の節約術を紹介します。.All rights reserved.