普段の暮らしでかかる電気代の節約術を紹介します。

長時間煮込む料理でガス代の節約術

普段の暮らしでかかる電気代の節約術を紹介します。 カレーであったりシチューは長く煮こむほど美味しくなると言われています。では長く煮こむためにはどうするかですが、鍋の前に付く必要があります。5時間煮こむのなら5時間鍋の近くにいなければいけません。外出するならその間は火を止めます。少しぐらいの時間であれば熱いまま維持することができますが、どんどん温度が下がります。温度が下がれば煮込む効果は減ってきます。単に長い間つけ汁に漬け込まれるだけになってしまいます。

長時間にこまないといけない料理においてガス代の節約術として、一つには電子レンジを使う方法があります。電子レンジは通常の加熱とは全く別の方法で加熱が行われます。鍋の底からではなく、水分を温めるようにして加熱がされます。そのために食材なども早く火が通り、更に柔らかくすることができます。電子レンジを買うといろいろな煮込み料理のレシピが載っているのがわかります。少ない量でもじっくり煮込んだような料理を作れます。

その他には鍋ごと真空の入れ物に入れて高温のまま保持するアイテムを使います。鍋で20分ほど煮込んだ後に入れておくと電気やガスを使わないのに高温が維持できます。朝に下ごしらえをして置くと夜にはしっかり煮こまれた状態になります。
Copyright (C)2017普段の暮らしでかかる電気代の節約術を紹介します。.All rights reserved.